はじめに

 このコンテンツを制作開始した時点でレストアは終了していませんが、コンテンツを作成する前提をしていなかったので撮影した写真が少なく、レストア日記としては役不足であるので「レストア参考情報」と題することにしました。VF750Fの不動車レストアについて、参考になりそうな情報を掲載していますが、趣味でやっているものですので、情報が正確、かつ、プロフェッショナルなもの"ではない"ことを前提にご覧いただけますと幸いです。

 VF750F、同時代のCB750Fに比べると圧倒的に不人気なモーターサイクルです。

 その理由は、漫画、「バリバリ伝説」の影響でCB750Fの人気が高いという相対的なものもあると思いますが、レストア作業を進めていくと、V型エンジンであること、特にキャブレターの整備性の悪さが最大の原因なのではないかと感じます。

 V型ゆえの複雑な部品構成、独特なエアクリーナーBOXの形状、下手に馴れているからこそ起こす分解時の間違い、直列四気筒では絶対に発生しないであろうミス、どう考えても不可能にしか思えないキャブの取り付け、破損しやすいにもかかわらず欠品の純正分品・・・・

 古いマシンでなくとも、仕事などの事情で長期間始動せず放置した際に、ジェット類が詰まり、エンジンが始動しなくなるのはよくあることですが、一度不動状態になってしまった場合のキャブレター復活の手間が、ちょっと尋常ではありません。

 しかし、整備を進めていくと見えてくる機械技術は素晴らしく、このマシンを「量産」していた工場の生産技術は一体どれほどのものであったろうと思いを馳せると、当時のHONDAの技術力に畏敬の念を抱きます。

 迫力ある、大型免許取得の際に"400cc超のマシンを乗る許可を与えてもいい態度であるかどうか"まで判定された時代の、挑戦的で、挑発的で、大きく、重い、その車体に跨ると、現代のモーターサイクルには失われてしまった何かが、誰にでも感じることができるのではないでしょうか。

「750キラー、RZを同時代で唯一、軽くブッちぎれたのはVF750Fだった。」

 20年以上も昔、バイク屋のオヤジから聞いた言葉です。

その時以来の憧れを抱き、レストアに挑戦します。


  1. 入手時の状態
  2. タンク洗浄サビ取り作業